ドメイン認証について: HTTP認証

CSP SSLでは、ドメインに対するSSLサーバ証明書の発行権限を確認するために、ドメイン認証システムを導入しております。ドメイン認証は3種類の中からお選びいただけます。

  1. メール認証: CSP SSL指定のメールアドレス宛に認証用のメールを受信して認証する方法です。
  2. HTTP認証: WebサーバにCSP SSL指定のテキストファイルをアップロードして認証する方法です。
  3. DNS認証: DNSのCNAMEレコードにCSP SSL指定のテキストを設定して認証する方法です。

下記のフローを参考にして認証を実施してください。

ファイルのダウンロード

オンラインストアからテキストファイルをダウンロードしてください。

ファイルの設置

[1]で作成したテキストデータを申請するドメインにアップロードしてください。

http://ドメイン/.well-known/pki-validation/<ファイル>.txt
もしくは
https://ドメイン/.well-known/pki-validation/<ファイル>.txt

(例)
コモンネーム:www.example.com
認証ファイルアクセス先:http(s)://example.com/.well-known/pki-validation/C247AD5A9A28E898D439382D0F9D3799.txt

  • ※認証用のファイル名は大文字である必要があります。

認証

CSP SSLで認証確認後、SSLサーバ証明書を発行致します。

ページの先頭に戻る

  1. ホーム