ドメイン認証について: メール認証

CSP SSLでは、ドメインに対するSSLサーバ証明書の発行権限を確認するために、ドメイン認証システムを導入しております。ドメイン認証は3種類の中からお選びいただけます。

  1. メール認証: CSP SSL指定のメールアドレス宛に認証用のメールを受信して認証する方法です。
  2. HTTP認証: WebサーバにCSP SSL指定のテキストファイルをアップロードして認証する方法です。
  3. DNS認証: DNSのCNAMEレコードにCSP SSL指定のテキストを設定して認証する方法です。

下記のフローを参考にして認証を実施してください。

認証用のメールアドレスを指定

CSP SSL指定のメールアドレスもしくはWhoisに登録しているメールアドレスをご提示ください。

指定
アカウント
admin, administrator, hostmaster, postmaster, webmaster

(例)
申請ドメイン:example.com 指定アカウント:hostmaster
ドメイン認証メールアドレス:hostmaster@example.com

メールでのご案内

指定したメールアドレスにnoreplay@cspssl.jpからドメイン認証メールが届きます。認証コードをコピーしてからメール内のURLをクリックしてください。認証用のページが開きます。

※クリックしてもページが開かない場合は、本文中のURLを全てコピーしてブラウザのアドレスバーに貼り付けてください。

認証

Domain Control Validation(Part2)のページでコピーした認証コードを張り付けてNextボタンをクリックしてください。

完了

以上でドメイン認証は完了です。

ページの先頭に戻る

  1. ホーム