CAAレコードの対応について

2017年9月21日

平素はCSP SSLサービスをご利用いただきまして誠にありがとうございます。

この度、2017年9月8日から全ての認証局に対してCAAレコードのチェックが、義務付けられました。
CAAとは、SSLサーバー証明書が発行可能な認証局を制御する仕組みです。ドメイン所有者が認証局を制御することで、意図しないSSLサーバ証明書の誤発行を抑制します。

CSP SSLが発行するSSLサーバ証明書は1年以上前に全てのSSLサーバ証明書がCAAに対応しております。

CAAレコードの設定値

ご利用のドメインに対してCAAを設定する場合は下記をDNSサーバーに設定してください。

0 issue "comodoca.com"

CAAの詳細は下記をご参照ください。

CAAとは?

今後ともCSP SSLをよろしくお願いいたします。

ページの先頭に戻る

  1. ホーム
  2. CSP SSLからのお知らせ
  3. CAAレコードの対応について