Windows Azure:プログラムをデプロイする

Visual Studioでパッケージ化してからWindows Azureにデプロイする

パッケージを作成する

  1. ソリューションエクスプローラーでプロジェクトを右クリックして「パッケージ」をクリックしてください。

  2. 「パッケージ」ボタンをクリックしてください。

  3. パッケージ化が完了したら、パッケージファイル (cspkgファイル) とサービス構成ファイル (cscfgファイル) を出力したフォルダが開かれます。

Windows Azureにデプロイする

  1. 作成したクラウドサービスの[デプロイの設定]から「新規運用環境のデプロイ」をクリックしてください。

  2. デプロイ名、パッケージ、構成をそれぞれ入力または選択します。パッケージは出力されたパッケージファイル (cspkgファイル) を、構成はサービス構成ファイル (cscfgファイル)をそれぞれ選択して、チェックマークをクリックしてください。

    ※その他の項目は環境に合わせて選択してください。

  3. 以上でデプロイは完了しました。運用予定のコモンネームで動作確認を行ってください。

Visual StudioからWindows Azureにデプロイする

  1. ソリューションエクスプローラーでプロジェクトを右クリックして「発行」をクリックしてください。

  2. Windows Azureにアクセスするための資格情報を入手します。「サインインして、資格情報をダウンロードする」をクリックしてください。

  3. ブラウザが開きますので、資格情報ファイル(publishsettingsファイル)をダウンロードしてください。

  4. Visual Studioに戻り、「インポート」ボタンをクリックしてください。

  5. ダウンロードした資格情報ファイル(publishsettingsファイル)を選択して、「開く」ボタンをクリックしてください。

  6. 「次へ」ボタンをクリックしてください。

  7. クラウドサービス、環境、ビルド構成、サービス構成をそれぞれ選択します。クラウドサービスは作成したクラウドサービスを、環境やビルド構成、サービス構成は、適切なものを選択して「次へ」ボタンをクリックしてください。

  8. デプロイ名、パッケージ、構成をそれぞれ入力または選択します。パッケージは出力されたパッケージファイル (cspkgファイル) を、構成はサービス構成ファイル (cscfgファイル)をそれぞれ選択して、チェックマークをクリックしてください。

  9. デプロイが開始されます。進行状況はWindows Azureのアクティビティログに表示されますので、デプロイが完了したら運用予定のコモンネームで動作確認を行ってください。

  10. 以上でデプロイは完了しました。運用予定のコモンネームでSSL通信が可能か確認してください。

Windows Azueのマニュアル

Windows Azure

ページの先頭に戻る

  1. ホーム
  2. サポート
  3. マニュアル
  4. Windows Azure
  5. プログラムをデプロイする