SSLサーバ証明書をエクスポートする

秘密鍵のバックアップやWindows Azureへのアップロードを実施する場合は、SSLサーバ証明書をエクスポートする必要があります。

    IISからエクスポートする

  1. スタートメニューから「管理ツール」→「IISマネージャー」を起動し、サーバ証明書を開いて「エクスポート」クリックしてください。

  2. をクリックして、証明書の保存先とファイル名を入力または選択し、パスワードを入力してから「OK」ボタンをクリックしてください。

  3. 以上で秘密鍵とSSLサーバ証明書が保存されました。エクスポート時に設定したパスワードを忘れないように注意してください。

Microsoft管理コンソールからエクスポートする

  1. Windowsの「スタート」ボタンをクリックして、[プログラムとファイルの検索]に「mmc」と入力してください。

  2. プログラムに表示された「mmc.exe」をクリックして、Microsoft管理コンソールを起動してください。

  3. メニューから「ファイル」→「スナップインの追加と削除」をクリックしてください。

  4. [利用できるスナップイン]から「証明書」を選択して、「追加」ボタンをクリックしてください。

  5. 「コンピューター アカウント」を選択して、「次へ」ボタンをクリックしてください。

  6. 「ローカル コンピューター:(このコンソールを実行しているコンピューター)」を選択して、「完了」ボタンをクリックしてください。

  7. 選択されたスナップインに「証明書(ローカル コンピューター)」が追加されているのを確認してから、「OK」ボタンをクリックしてください。

  8. コンソールルートから、「証明書(ローカル コンピューター)」→「個人」→「証明書」を選択すると、右画面に証明書を表示します。証明書を右クリックから「エクスポート」をクリックしてください。

  9. 証明書のエクスポート ウィザードが開きますので、「次へ」ボタンをクリックしてください。

  10. 「はい、秘密キーをエクスポートします」。を選択してから、「次へ」ボタンをクリックしてください。

  11. [Personal Information Exchange - PKCS #12]の「証明のパスにある証明書を可能であれば全て含む」と「すべての拡張プロパティをエクスポートする」を選択してから、「次へ」ボタンをクリックしてください。

  12. パスワードをそれぞれ入力してから、「次へ」ボタンをクリックしてください。

  13. 「参照」ボタンをクリックして証明書の出力先及び出力名を選択してから、「次へ」ボタンをクリックしてください。

  14. 「完了」ボタンをクリックすると、SSLサーバ証明書を出力します。

IIS7のマニュアル

IIS7

ページの先頭に戻る

  1. ホーム
  2. サポート
  3. マニュアル
  4. IIS 7
  5. SSLサーバ証明書をエクスポートする