nginx+OpenSSLのマニュアル

nginxでのCSRの作成やSSLサーバ証明書の設定方法など、運用開始までの技術情報をご案内します。

構成例

秘密鍵の保存ディレクトリ /etc/pki/tls/private/
証明書を保存するディレクトリ /etc/pki/tls/certs/
SSLの設定ファイル /etc/nginx/conf.d/ssl.conf

※nginxのバージョンや環境によってパスやディレクトリ名、ファイル名などが異なる場合があります。お客様の環境に合わせて設定してください。

設定の流れ

[1] CSRの作成

利用予定のサーバでCSRを作成してください。OpenSSLを利用しているため、Apacheと同じ手順です。

  • ※CSRのOrganization Name(組織名)はWhoisに登録しているRegistrantと一致した状態でお送りください。申請組織名と不一致の場合は認証基準を満たさないため発行することができません。
  • ※CSRの住所(State等)は、登記されている住所しかご利用いただけません。

[2] SSLサーバ証明書の申し込み・発行

お申し込みの流れを参照して、SSLサーバ証明書をお申し込みください。

[3] SSLサーバ証明書を設定する

SSLサーバ証明書が発行されたら、CSRを発行したサーバにSSLサーバ証明書を設定してください。

ページの先頭に戻る

  1. ホーム
  2. サポート
  3. マニュアル
  4. nginx + OpenSSL